2010年01月22日

<ハイチ大地震>NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋(毎日新聞)

 ハイチ大地震を受け、同国での支援活動を行っているNGO「ハイチの会」(事務局・名古屋市瑞穂区、中野瑛子代表)の会員が中心になり、約20人が16日、名古屋市中村区の名古屋駅前で災害支援募金を呼び掛けた。

 会は86年設立、農業支援を中心に、農村の小学校での給食支援など活動を続けている。会員の市川隆之さん(38)らが「今すぐできることを」と街頭に立った。市川さん自身も99、08年の2回、ハイチを訪問しており、それだけに「多くの人の援助を」と訴える。

 同会は9日から首都のポルトープランス近くの山林で植林作業を始めており、5人(うちハイチ人3人)を派遣していた。16日昼に全員の無事が判明した。このうち愛知県春日井市の熊谷雄一さん(33)が日本大使館の車で隣国のドミニカ共和国まで避難、近く帰国の予定という。中野代表は「無事がわかりほっとした。多くの人が募金してくれてありがたい。皆の気持ちをハイチに届けたい」と話す。

 一方、名古屋第二赤十字病院(名古屋市昭和区)の臨床工学技士、山田悌士さんと看護師、関塚美穂さんがハイチに派遣されることになり16日、同病院で壮行会が行われた。2人は17日に出国、約1カ月、医療支援に携わる。【黒尾透】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:米原子力空母が到着 救援本格化
ハイチ大地震:仏、支援の国際会議開催へ 米などと共同で
ハイチ大地震:米スポーツ界が支援 ウッズも検討
ハイチ大地震:死者20万人に 「生存の限界」経過
ハイチ大地震:「生存の限界」迫る 海外救援隊、活動困難

養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕−佐賀県警(時事通信)
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり(時事通信)
16日からセンター試験=大学受験シーズン到来−インフル対策で個別追試も(時事通信)
<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
朝日社説「小沢氏に進退を問う」 石川議員逮捕に新聞各紙厳しい論調(J-CASTニュース)
posted by タダ トシオ at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

首相動静(1月16日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時34分、公邸発。「石川議員の逮捕を受け小沢幹事長の進退問題をどう考えるか」に「また後で」。
 午前9時37分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂着。同ホテル内の宴会場「ロイヤルホール」でアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)に出席しあいさつ。記念撮影。同54分、同ホテル発。同59分、公邸着。
 午前10時16分、民主党の小沢一郎幹事長が入った。
 午前10時31分、小沢氏が出た。同35分から午後0時20分まで、平野博文官房長官。
 午後0時25分、菅直人副総理兼財務相が入った。
 午後0時45分、菅氏が出た。同50分、公邸発。「小沢幹事長の処遇は」に「(小沢幹事長は)幹事長職を頑張ってやる思いだ。私もそのことを信頼している」。同55分、東京・日比谷公園の日比谷公会堂着。民主党大会に出席。
 午後2時59分、同所発。同3時5分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
<故橋本昌二九段を語らう会>2月27日、大阪市で(毎日新聞)
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕−警視庁(時事通信)
<センター入試>最大15.76点差 得点調整はなし(毎日新聞)
<北沢防衛相>インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
posted by タダ トシオ at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<浄土真宗本願寺派>「自殺防止センター」を設立(毎日新聞)

 毎年3万人を超える自殺の防止に宗教者がもっとかかわるべきだとして、国内最大規模の伝統仏教教団である浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)が4月、電話相談のためのNPO法人「京都自殺防止センター」を設立する。自殺に対しては「仏教の教えに反し命を粗末にしている」と考える僧侶も多く、教団レベルでの取り組みは珍しい。

 同派は08年、全国約1万の末寺を対象にアンケートを実施(回答率26%)。8割以上が自殺予防や遺族支援に「特にかかわっていない」と答え「必要性は感じるが、何ができるのか」といった悩みも多かった。一方、市民団体などからは「悩みを宗教者に聞いてほしい人も多い」との意見が寄せられた。

 そこで勉強会などを重ね「死にたい気持ちを頭から否定せず、苦悩に寄り添おう」と、電話相談を始めることにした。相談者は一般市民を含め宗教・宗派を超えて育成し、秋からの活動を目指す。同派教学伝道研究センターの金沢豊研究助手は「宗教都市・京都の特性を生かしたセンターにしたい」と話す。

 活動に関心を持ってもらおうと、2月5日に西本願寺で公開フォーラム(無料)を開き、相談実習のワークショップ(7日まで3日間、有料、要申し込み)も行う。問い合わせはフォーラム事務局(電話075・371・9244)。【丹野恒一】

【関連ニュース】
自殺者:3万人超す 前年上回る恐れも 1〜11月
自殺者:12年連続3万人 長引く不況、前年上回る恐れも
掲示板:講座「ストップ!自殺〜人のつながりと心の回復」ほか
’10記者リポート:年間自殺者3万人超 経済危機で増加の恐れ /石川
リメンバー福岡:「自殺の現状理解して」 来月7日、記念講演 /福岡

自公、参政権では別対応(産経新聞)
センター追試972人に(時事通信)
羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
<政府>政治主導確立法案概要 政府入り国会議員の上限拡大(毎日新聞)
参院選で「6議席以上獲得」=決議を採択−共産党大会(時事通信)
posted by タダ トシオ at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。