2010年03月11日

「密約」参考人質疑での守秘義務解除を検討(読売新聞)

 岡田外相は11日午前の外務省政策会議で、日米間の「密約」問題で国会が元外務省幹部を招致する場合、国家公務員法上の守秘義務の解除を検討することもあり得るとの考えを示した。

 会議では、19日に斉藤邦彦・元外務次官や東郷和彦・元同省条約局長らに対する参考人質疑を行う衆院外務委員会の鈴木宗男委員長が守秘義務解除を要請し、外相は「正式な要請があれば判断したい」と応じた。

 一方、外相は歴代の外務省幹部が事実と異なる説明をしてきたことについて、「歴代の首相や大臣が悪い」として、責任を問わない方針を表明した。「密約」の効力に関しては「政権が代わっても、政府と政府の約束で拘束される」と述べた。

研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
<普天間移設>官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕−福岡県警(時事通信)
「次男かわいそう」 埼玉の虐待、母供述(産経新聞)
大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)
posted by タダ トシオ at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。