2010年01月30日

パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い−湯沸かし器中毒死・名古屋(時事通信)

 パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器が原因で、岐阜市内で男女2人が一酸化炭素(CO)中毒で死亡したとして、遺族4人が同社と湯沸かし器を販売した東邦ガス(同市)を相手に、総額約1億6200万円の損害賠償を求めた訴訟は、名古屋地裁(長谷川恭弘裁判長)で29日、両社が計8600万円の和解金を支払う内容で和解が成立した。
 原告側代理人の杉浦英樹弁護士によると、パロマ製の湯沸かし器をめぐる訴訟で、和解が成立したのは全国初という。
 和解条項は、パロマが600万円、東邦ガスが8000万円の和解金を支払うほか、両社が安全な湯沸かし器への取り換えの促進に努めるなどの内容。 

【関連ニュース】
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼
不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ
明治神宮近くの車中で男女死亡=ガスストーブでCO中毒か

連合内に「選挙協力」異論 小沢氏問題、影落とす(産経新聞)
千葉女子大生殺人 荻野さんのカード窃盗で再逮捕(産経新聞)
横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索(産経新聞)
<自民党>比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮(毎日新聞)
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望(医療介護CBニュース)
posted by タダ トシオ at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。