2010年05月12日

痴漢多発の埼京線、防犯カメラ設置車両で被害ゼロ(産経新聞)

 警視庁と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の警察が4月15日〜21日の7日間に実施した電車内や駅構内での集中取締週間に、痴漢や公然わいせつなどの現行犯で78件、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。このうち逮捕者は49人。容疑者の中には、車内で警戒中の捜査員が1人の被害者に対する犯行を確認した直後、再び同じ車内で別の被害者に対して犯行に及んだ者も1人いた。

 犯行の状況では電車内での痴漢が58人で最多。次いでエスカレーターや階段など駅構内での盗撮が11人、車内での盗撮が4人、車内での強制わいせつが3人、車内での公然わいせつが1人。

 検挙の路線別分布では、京王線とJR中央線がともに6件で最も多く、次いでJR埼京線が5件。西武新宿線とJR総武線、山手線、東京メトロ千代田線が各4件−など。

 埼京線は、痴漢多発路線としてJR東日本が対策に乗り出し、車内防犯カメラを設置した車両を編成しているが、5件はいずれも防犯カメラがついていない車両で検挙されており、警察庁では「(犯人が)防犯カメラの設置車両を避けたのではないか」と分析。防犯カメラに一定の効果があるとみている。

 容疑者を年代別でみると、30歳代が24人▽40歳代が21人▽20歳代が16人▽50歳代が9人▽10歳代が5人▽60歳代が2人−の順。最年少は16歳、最年長は62歳だった。検挙者のうち48人は会社員だった。

 検挙された77人のうち、痴漢や強制わいせつでの検挙歴がある者は37・7%にあたる29人で、平成21年の全刑法犯中に占める再犯率(32・6%)を上回っており、痴漢・強制わいせつ犯罪の再犯性の高さが裏付けられる格好となった。

 被害者77人のうち26人が高校生。17人が会社員、14人が大学生だった。年齢では、15歳〜19歳が40人で突出。痴漢被害の大半が、10歳代後半の高校生・大学生に集中していることを示す結果となった。

【関連記事】
電車内の防犯カメラ、賛成か反対か 小宮信夫氏、水野正氏
女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン
女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人(医療介護CBニュース)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
電子書籍は本当に便利か 日本人は紙の本への愛着が深く…(産経新聞)
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
<草競馬>一線を退いた23頭のサラブレッドが疾走…三重(毎日新聞)
posted by タダ トシオ at 14:09| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

日立女性刺殺、「交際巡って口論、刺した」(読売新聞)

 茨城県日立市水木町の路上で23日夜、同市南高野町のホテル従業員金沢里佳さん(29)が胸を包丁で刺されて殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された現場近くのアパートに住む、金沢さんの知人の会社員小山周司容疑者(28)が調べに対し、「交際を巡って口論になり、カッとなって刺した」と供述していることが25日、捜査関係者への取材でわかった。

 遺体発見現場で当初、第一発見者を装っていたことについては「とっさにウソをついてしまった」と供述している。日立署は、小山容疑者が交際を巡るトラブルから金沢さんを殺害したとみて動機を慎重に調べる。

 捜査関係者によると、金沢さんは23日夜、軽乗用車を運転し、小山容疑者のアパートを訪問。その後、2人で車内で話し合っているうちに口論に発展し、小山容疑者が金沢さんを包丁で刺したらしい。

 現場近くに止められていた車内から血痕が見つかり、遺体発見現場までの約20メートルの間には、点々と血痕が続いていた。

 金沢さんの胸には数か所の刺し傷があり、25日の司法解剖の結果、死因は胸を刃物で刺されたことによる失血死と判明した。殺害に使われた包丁は、小山容疑者が所有していたものだった。

 小山容疑者が住むアパートの関係者によると、小山容疑者は「結婚予定の婚約者と住む」と周囲に話し、昨年5月から部屋を借り、金沢さんとは別の女性と同居していたという。

 一方、金沢さんの自宅には同日午後7時頃、白い布に包まれた金沢さんの遺体が運び込まれ、親族たちが沈痛な面持ちで次々と弔問に訪れた。

          ◇

 日立署は25日、小山容疑者を殺人容疑で水戸地検に送検した。

福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書(医療介護CBニュース)
<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
posted by タダ トシオ at 15:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)

 【ワシントン=古森義久】米国上院外交委員会の東アジア太平洋問題小委員会(ジム・ウェブ小委員長)が15日、開いた日米関係の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が日米関係全体に悪影響を及ぼすという懸念が表明され、鳩山政権への不満もぶつけられた。

 議長役の民主党ウェブ議員は冒頭、米国の東アジア安全保障政策全体にとって対日同盟が決定的に重要だと強調し、普天飛行場移転とそれに伴う在沖縄海兵隊のグアム移転が「東アジア地域全体の安定を保つことに必要」と述べ、従来の日米合意の実行への期待を明らかにした。

 共和党側筆頭委員のジム・インホフ議員は公聴会には出なかったが、声明を発表し、日本の民主党の対応は「日米安保条約上の誓約の不履行であり、政策ではなく選挙目当ての政治上の便宜に動かされた『安全保障への政治の侵入』だ」と特徴づけて、批判的なスタンスを明確にした。

 証人として登場した米日財団理事長のジョージ・パッカード氏は「日米安保関係はいま決定的な曲がり角にきており、同盟の包括的な再検討が必要だ」とし、普天間問題もその背景で考慮されるべきだと述べた。

 日本経済専門のジャーナリストのリチャード・キャッツ氏は「普天間問題で日米間の摩擦が続くと、経済その他の分野に悪影響が及ぶことを懸念する」と証言し、早期解決を訴えた。

 日本政治研究学者のマイケル・オースリン氏は「東アジアでは中国が関与する領土紛争や北朝鮮の動きなど不安定要因が多く、日米同盟はそれに対応するアジア全体の安定要因となり、普天間問題もその一環として考えねばならない」と証言し、普天間移設が日米合意どおりに解決されることへの期待をにじませた。

【関連記事】
鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」
民主有力筋が激白…小沢は無類のカジノ好き、合法化加速
首相「最大の敗者」との米紙報道「非礼だ」 官房長官が不快感
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
外国人地方参政権問題に一石

<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)
携帯電話でやけど、欠陥認める=こたつで発熱、製造元に賠償命令−仙台高裁(時事通信)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
引きこもりの容疑者、口論絶えず…5人殺傷(読売新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
posted by タダ トシオ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。